岩盤浴と陶板浴の違いについて

最近は汗をかかない人も増えており、体への影響が心配されています。そんな現代人にとって嬉しい効果を期待できるとして岩盤浴や陶板浴が人気を集めています。岩盤浴と陶板浴、名前は似てはいますが違いがあることをご存知でしたでしょうか。


岩盤浴について

岩盤浴とは岩石の床に横になり汗をかく温浴法です。加熱された岩石から放出される遠赤外線により、全身をくまなく温めることができるため、発汗作用も促進されます。汗をかくことにより、体の中の老廃物を体外に排出することもできます。 岩盤浴のテーマ、目的は「汗をかくこと」です。たしかに、岩盤浴で汗をかくことは、気持ちいがいいです。


陶板浴について

善玉酵素を練り込んだ特殊な陶板の床で横になる温浴法です。人間は酸化により老化してしまい、動脈硬化や癌(がん)を引き起こすといわれ、その大きな原因となるのが活性酸素です。 陶板浴はその特殊な陶板から出るエネルギーにより健康維持に期待することができるのです。岩盤浴と比べ湿度が低いため、息苦しさや心肺機能への負担も少なく、年配の方にも安心して利用いただけます。 岩盤浴は遠赤外線が中心ですが、陶板浴は遠赤外線に加え、善玉酵素のエネルギーが出ています。それが「テラヘルツ波」です。また、岩盤浴は「汗を求めます」が、陶板浴は「汗を求めません」、求めるのは「リラックス」です。「汗」を出そう、出そうと長時間入浴することは「リラックス」状態ではありません。


このように岩盤浴、陶板浴はそれぞれ違いがあり、メリットも異なります。一般的に日本人の平均体温は36.5~37.2度とされています。しかし、現代人の平均体温は低くなりつつあり、平熱が35度台ということも少なくないようです。体温アップのためにもぜひ、上手く陶板浴を活用されてください。腰痛や肩こり、関節痛、アトピー性皮膚炎などでお困りの方にもおすすめです。 しかし、近くに施設がないという方もいるでしょう。もし、ご自宅で利用することができたならどれだけ便利なことでしょう。弊社は「ご自宅であなただけの陶板浴を」をコンセプトに、どこでも使用することができる設置型陶板浴を完成させました。 ベッドタイプや2つに分解することができるハーフ&ハーフを用意しております。毎日好きな時間に、好きな回数、使用することができるためおすすめです。


岩盤浴とは異なる家庭用の陶板浴【アップワン陶板浴】 概要

名称 株式会社 アップワン
所在地 〒272-0033 千葉県市川市新田4-18-13-106
電話番号 047-383-9551
FAX 047-383-9583
メールアドレス info@taion37.com
URL http://www.taion37.com
説明 温熱療法の分野でも注目の陶板浴。家庭用のベッドタイプ・分割タイプの陶板浴を7日無料貸出しております。抗酸化・免疫力の向上を目指す方におすすめです。サロンなどに通わず、自宅で使用できる陶板浴を体験してみませんか。

体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
c2015. taion37.com. All Rights Reserved.