免疫力を高める|温熱療法の分野でも注目|アップワン陶板浴

体温が下がる原因

体温が下がると免疫力の低下や血行不良などを引き起こし、様々な病気にかかりやすい状態になってしまいます。健康を維持するためには温熱療法などで体温を上げるだけでなく、体温が下がる原因を理解しておくこともポイントです。

冷たい食べ物・飲み物の取り過ぎ

冷たい食べ物・飲み物を取り過ぎると身体を冷やし、体温が下がってしまいます。また、身体を冷やすだけでなく内臓の機能も低下させ、下痢や胃もたれ、消化不良などを引き起こすことも少なくありません。
体温を下げないためにも冷たい物ではなく、常温や温かい物を食べたり飲んだりするようにしましょう。

エアコンの使用頻度の高さ

エアコンの使用頻度の高さは、体温を低下させる原因に繋がりやすいです。現在はエアコンが広く普及しているため、夏の暑い時季は多くの場所で冷房が効いています。しかし、常に冷房が効いた場所にいると身体の体温調節機能が鈍くなり、必要以上に体温を下げてしまうことがあります。その結果、新陳代謝や免疫力も低下し、頭痛などの症状を引き起こしてしまうのです。

過度なストレス

過度なストレスによってアドレナリンを多く分泌されると血管の収縮が始まり、血行が悪くなって冷えへと繋がってしまいます。ストレスを溜め込むことは、冷えの症状にも影響しているのです。
また、身体の冷えは更なるストレスを生みだす原因にもなります。自分に合うストレス解消法を見つけ、ストレスを溜め込まないことが大切です。

便秘

便秘は、腸内において蠕動(ぜんどう)運動が行われていない状態で、基礎代謝も低くなってしまいます。基礎代謝が低くなると身体は冷えてしまいます。
腸内環境を活性化することが便秘改善をはじめ、後々の低体温改善にも繋がるのです。

低体温は頭痛や腰痛、がん、生理不順などを引き起こす可能性があります。特にがん細胞の活動を活発化させる大きな要因です。がん組織が熱に弱いという性質を利用した温熱療法などがあるように、日本人の死亡原因第1位であるがんになりにくい身体を作るためにも、身体の冷えをなくすことから始めてみましょう。

弊社ではご自宅でも気軽に楽しめる家庭用陶板浴を販売しています。陶板浴は、上記でご紹介した温熱療法の分野でも注目を集めています。陶板浴でゆっくりとした時間を過ごしたい方は、弊社の家庭用陶板浴をご活用ください。


岩盤浴とは異なる家庭用の陶板浴【アップワン陶板浴】 概要

名称 株式会社 アップワン
所在地 〒272-0033 千葉県市川市新田4-18-13-106
電話番号 047-383-9551
FAX 047-383-9583
メールアドレス info@taion37.com
URL http://www.taion37.com
説明 温熱療法の分野でも注目の陶板浴。家庭用のベッドタイプ・分割タイプの陶板浴を7日無料貸出しております。抗酸化・免疫力の向上を目指す方におすすめです。サロンなどに通わず、自宅で使用できる陶板浴を体験してみませんか。

体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
c2015. taion37.com. All Rights Reserved.