体温を上げ健康に

近年、日本人の平熱は下がってきていると言われています。「身体を冷やしてはいけない」ということはよく言われて知っていますが、冷やしてしまうとどんなことが起こるのでしょうか。 まず皆さんは、ご自分の平熱を知っていますか? 健康的な人の平熱は36.5~37.1度。 実は今、36度以下という「低体温」の人が増えているとか。「低体温」は免疫細胞と大きなかかわりがあり、放置するとさまざまな病気やがんまでも発症してしまうことがあるそうです。


体温が低いと

人は熱が出た場合は体調の異変をすぐ察し下げるように努力しますが、熱が低いことをそんなに気にしない方が多いようです。しかし、身体が冷え、平均体温が下がってしまうと様々な弊害がでます。
身体が冷えている時、血管が縮んでしまい血行が悪くなって毛細血管の隅々にまで血が流れなくなってしまっています。そうすると心臓から遠いところの手先、足先が冷たくなってしまいます。

血液がスムーズに流れなくなってしまうと、栄養や酸素もうまく運ばれなくなってしまいます。
そして血管はますます縮み、細胞機能も働かなくなってしまい、新陳代謝も低下します。
そうなってしまうと、めまいや頭痛、肩こりや腰痛、関節痛、アトピー、婦人病の悪化、さらには脳梗塞や癌を引き起こす要因にもなりかねません。ちなみに35度台は癌細胞が活発になる体温と言われています。
血液の循環がきちんとされ、新陳代謝が活発に行われないと様々な症状を引き起こしてしまうのです。


平熱を上げるようにするには

平熱を上げるためには以下の方法があります。


筋肉を鍛える

現代の日本人の平熱が低くなっている原因の一つは筋肉量の低下です。
筋肉は身体の熱量を作るものなので、筋肉が少なくなると体温も下がり、基礎代謝も下がります。 加齢による筋肉の減少率は年間で約1%。しかし、1日中動かないでいると、1日で0.5%もの筋肉が失われます。ということはたった2日間で1年分の筋肉を失ってしまう計算になります。 人間の筋肉の70%は下半身にありますので、「歩く」ということが、効率よく筋肉を鍛えることになります。筋肉を維持するために、毎日の生活で適度な負荷をかけ続けることが必要なのです。


陶板浴で平熱を上げる

弊社の陶板浴は「善玉酵素」の力を最大限に利用し、身体を芯から温めます。陶板浴は温熱基板以外は熱くならず、陶板浴を行う部屋も熱くなりません。そのため陶板浴中も顔や頭が熱くならないので、呼吸も普通に行え、ストレスなく楽しむことができます。平熱が低くなる原因にはストレスも関わっています。
リラックスすることはとても大切です。



陶板浴をご経験のない方、家庭用陶板浴の使用感が気になる方は、自宅にお届け7日間無料お試しをぜひご活用くださいませ。

陶板浴についてお電話などで説明させていただくことも可能です。
ご要望がございましたらお気軽にお問合せください。



また全てのアップワン陶板浴製品を体感してご確認いただける体験ルームを東京(飯田橋)、埼玉(三郷)、名古屋にご用意しています。 陶板浴の疑問にもお答えさせていただきます。お気軽にご利用ください。

もちろん費用は無料です。また無理なお勧めは致しませんのでご安心ください。




体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
©2015. taion37.com. All Rights Reserved.