テラヘルツ波の特徴

■テラヘルツ波は光と電波の、いい所を兼ね備えています。

 
1.遠赤外線領域テラヘルツ波とは、テラヘルツは1秒間に1兆回振動する振動数の単位です。
 

  • 有機高分子は、すべてテラヘルツ波領域の共振周波数です。

 
2.直進性、浸透性、透過性があります。
 

  • 細胞の新陳代謝の促進効果がありとされています
  • 遠赤外線以上に波長が長いので、細胞や酵素やその他の有機高分子の振動が活性化に効果があるとされています。 
  • 一例として、テラヘルツ波を照射した植物としない植物を比較栽培した結果、テラヘルツ波が有機体の育成に深く関係していることが明確にわかります。 

 
3.安全性に優れています
 

  • 空港の手荷物検査機器に使用されています。検査では規定外危険物の所持を見るために、透過をさせるために検査が可能です。

 

 

■1秒間で1兆回の振動・直進性・浸透性・透過性・
安全で、物質を透過します。 

 
アップワン陶板浴の使用している善玉酵素溶液で製作した資材のテラヘルツ波測定を行いました。
 
測定は、立命館大学BKCインキュベータ内で光子発生技術研究所を運営する工学博士、文部省21世紀COE拠点リーダー・放射光生命科学研究センター長で立命館大学特任教授に依頼しました。


体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
©2015. taion37.com. All Rights Reserved.