もっと詳しく 副交感神経優位とは

副交感神経優位状態の時に免疫が強化される

 
自律神経と免疫の関係
 
 ・体の動きはすべて自律神経がコントロールしていると、自律神経免疫療法の専門家は述べています。
 
・血液の成分である白血球中で、特にリンパ球が免疫を担当している。
 
・リンパ球のコントロールは自律神経が行っている。
 
・自律神経は、交感神経と副交感神経の2ツの種類がある。
 
・交感神経は「活動中」に使う神経、副交感神経は「リラックス中」に使う神経とされる。
 
・副交感神経(リラックス)とリンパ球は連動している。
 
・副交感神経状態(副交感神経優位)を心がければ、リンパ球が増加して免疫が強化される。
 
・交感神経状態(交感神経優位)を超えて連続の交感神経状態(交感神経緊張状態)はストレスである。
 
・交感神経緊張状態は、リンパ球が減少して病気が発症しやすい。
 
・体温が低い人ほど健康リスクがある。
 
・病気の改善や予防には、体温を適正にする。
 
・副交感優位の生活習慣で、リンパ球を増やし免疫の強化が重要である。
 
・免疫の強化には自律神経の改善が欠かせないとされる。
 
・自律神経のバランスの改善で、自然治癒がなされる。
 
・以上のようなことを述べられています。
 


1秒間で1兆回の振動・直進性・浸透性・透過性・安全で、体を貫通します。 

アップワン陶板浴の使用している善玉酵素溶液で製作した資材のテラヘルツ波測定を行いました。
測定は、立命館大学BKCインキュベータ内で光子発生技術研究所を運営する工学博士、文部省21世紀COE拠点リーダー・放射光生命科学研究センター長で立命館大学特任教授に依頼しました。


体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
©2015. taion37.com. All Rights Reserved.