もっと詳しく テラヘルツ波と遠赤外線の違い

遠赤外線=成長光線
透過性と浸透性はありません。体を貫通するこもはありません
物質や生体の表面で少し吸収されてしまいます。
ただし、物質の温度を上昇させたり植物の成長を促進。ナノ化現象を起こしません。
「成長光線」といわれています
遠赤外線は物質の内部の加熱や省エネ等に利用されています
 
テラヘルツ波=生命光線
遠赤外線より波長が長いためテラヘルツ波は、超遠赤外線ともいわれています
テラヘルツ波エネルギーは
物質の性質を瞬時に改善し遺伝子DNAを活性化するとされています
 
生命活動をコントロールしていますので
『 生命光 』線といわれています。ナノ化現象が起こります。

      1秒間に1兆回の分子振動

      人体との共振作用が起こります。
      直進性。浸透性、透過性があり、
      体を貫通します


体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
©2015. taion37.com. All Rights Reserved.