体温が低い 5 活性酸素の障害 (2015-05-04)

活性酸素が必要以上に多く体内できると、病気の引き金になると専門書に記述されています

それによると、活性酸素の増加による組織破壊で起こる病気は

がん、胃潰瘍、潰瘍性大腸炎、十二指腸潰瘍、白内障、糖尿病、痛風、甲状腺機能障害などがあるそうです。

また、活性酸素の増加は化膿性疾患が発生するそうです。

それによっておこる病気は
  
急性肺炎、急性虫垂炎、肝炎、膵炎、化膿性扁桃炎、口内炎、おでき、にきびなどがあるそうです。

それから、活性酸素の増加は体内の細胞組織の老化が促進するそうです

それによっておこる病気は
   
シミ、シワ、動脈硬化などがあるそうです。

すべて、歓迎できない病名ですね。

ここに書いた病気は一部です。本にはたくさんの病名が書いてありました。

交感神経緊張状態での血液の情報は次回に

陶板浴アップワンは、活性酸素を抑える副交感神経優位の状態を提供します。


体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
©2015. taion37.com. All Rights Reserved.