質問に答えて 陶板浴の基本的な事 5 (2015-06-20)

前回、湿度が陶板浴の良し悪しを判断できると書きました。

なぜ、湿度が低くなるかは、タイルから出ているエネルギーによるものです。

エネルギーは「テラヘルツ波」と言われているエネルギーです。

エネルギーには「光の領域」と「電磁の領域」に大別されますが
、「テラヘルツ波」はこの両方の領域の間に存在します。

特徴としては
1. 水との新和性が高い
2.  浸透性が高い
3. 1秒間に1兆回の波を起こす

1秒間に1兆回の波と陶板浴の関係では

1. エネルギーが水の組織を1兆回の波で「細分化」「最小化」する。
   これは体内でも血液に対しても起こります
   ドロドロ血→サラサラ血

2. エネルギーは体を通過します
   効果が持続します

3. 特に腸に強いエネルギーが入り込みようです
   この件に関しては次回

陶板浴室内に湿度がないのではなく、タイルから出ているエネルギーにより、最少化した水分を湿度計が、感知できなくなってしまい、低い表示になっています。

以降は次回
   


体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
©2015. taion37.com. All Rights Reserved.