断食道場4日目 最終日 (2018-12-04)

皆様、こんにちは

断食4日目の最終日となりました。

今朝は8時に人参ジュース1杯頂いて、
そのあと、玄米粥やお豆腐、そして具ありのお味噌汁を頂きました。
本当においしかったです。

今回は3泊4日での体験だったのですが、時間があれば、
本当はもっと長くやってみたかったというのが正直な感想です。
身体が軽くなったり、味覚の感覚が鋭くなったり
食事をすると消化するために胃や腸に血液が集まったりと
身体の中で起きている血液の流れる感覚がわかりました。

石原先生の講義はまたご紹介させていただきますが
病気の根源は「血液の汚れ」に起因していることが
自然治癒力を低下させることにつながっている、ということです。
血液を汚す原因を取り除き、根本から体質改善をするためには、
「食べ過ぎないこと」と「身体を温めること」が重要という
とてもシンプルなこと。
講義中、石原先生が、「陶板浴で身体を温めるのは本当にいいよね」と
何度もおっしゃって頂けて、大変うれしくなりました。
アップワンの陶板浴を使って多くの皆さんの体質改善に
お役立てになれば、と強く思いました。

また石原先生は、空腹の状態が頭もクリアになるということもおっしゃっていました。
よくお坊さんが悟りをひらくために断食を行われますが、
断食中は脳波にα波が出るそうです。
α波が出てくると、自律神経のうち交感神経(緊張状態)の動きが抑えられ、
副交感神経(リラックス状態)がよく働くとの説明でした。

伊豆高原というゆったりとした時間の中で
過ごしたこともあるのかもしれませんが
なんて表現したらよいでしょうか、心身共に浄化されていく感覚が
とても気持ちがよかったです。