あったか生姜レシピで新しい環境のストレスを乗り切ろう① (2019-09-01)


生姜は加熱して食べると、体を深部から温めるというブログを書いたところ、多くの方から「豚肉の生姜焼きくらいしか思いつかない」「生姜料理を教えて欲しい」という声が届きました。

そこで、今回は、料理研究家の内藤朋子先生に、生姜を使った簡単レシピを教えていただきました。

「薬味やトッピングにしか使わないという方も多いのですが、思い切って味付けのメインに生姜を使ってみるのもおすすめです。肉や魚の旨味を引き立ててくれますし、根菜類との相性も抜群です。今回は、スープと炊き込みご飯の生姜レシピをご紹介します。体の深部を温めてくれる温かい生姜料理は、病み上がりや、疲れがたまっていると感じたときにぴったりです。これからの季節、新しい環境で過ごす方も多いでしょう。心も体もリラックスできる生姜料理で、癒されてください」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎生姜と手羽元のあったかスープ(上の写真)

材料(3人分)
大根 10センチ程度
鶏手 羽元3本
生姜 2かけ(煮込み用1かけ、トッピング用1かけ)
豆苗 適宜
鶏ガラスープの素(顆粒タイプ)大さじ2
ごま油 大さじ1
塩麹 小さじ1強〜適宜

作り方
① 手羽元は骨に沿って包丁で切り込みを入れ、塩麹小さじ1をよくもみ込んでおく
② 大さじ1のごま油を鍋で温め、輪切りにした生姜1かけ分を香りよく炒める
③ ②に乱切りにした大根を加えてさらに炒め、油が回ったところに手羽元も加え、肉の 表面の色が変わる程度まで炒め合わせる
④ 水3カップと大さじ2の鶏ガラスープの素を入れ、弱火で大根が柔らかくなるまで煮込む
⑤ 手羽元に火が通ったら、スープを一度ざるで濾す。少し温め直し、味をみて足りないようであれば、塩コショウで味を調える
⑥ 器に盛り付け、同じ長さに揃えた針生姜と豆苗をトッピングして完成

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

----------------------------------------
大切な人と、いつまでも一緒にいたい―。
私たちアップワンはすべての人が健康な身体を手に入れるための活動を行っています。
その一つが「陶板浴」です。陶板浴のタイルには「善玉酵素溶液」という特殊な物質が使われており、遠赤外線よりも長い波長の「テラヘルツ波」が放射されています。
細胞の新陳代謝促進、弱った部分、傷を負った部分の組織の改善、活性酸素の除去、腸内の善玉菌を増加など、多くの効果を期待する声があります。
陶板浴を毎日30分続けることで「身体が変わる」ことを実感してください。

7日間無料体験レンタル受付ています。
☎︎0120-831-137(通話無料)までどうぞ。
体験サロンも受け付けてます。

よろしくお願いいたします。
----------------------------------------