朝の体温をアップする「カレーマフィン」 (2018-08-25)

以前のブログで、「朝カレーダイエット」についてお話しましたが、朝は食欲がなくてカレーライスを食べるのはキツイという人もいるでしょう。そこで、今回は、マフィンで朝カレーを楽しむレシピを、フードアナリストの内藤朋子先生に教えていただきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スパイスには代謝をあげる効果があり、体温をあげるには効率のよい調味料です。ですから、さまざまなスパイスを調合しているカレーがダイエットの一助になるというのは理にかなっています。ただ、朝から、カレーを大鍋でつくるのも、なかなか難しいですよね。

そこで、フライパンひとつでできる簡単なカレーマフィンレシピをご紹介します。ミックスベジタブルを使えば、野菜をカットする手間も省けます。ご飯に合わせてもよいのですが、今回はマフィンにサンドするレシピです。接客業など、お客様と対面するお仕事の人は、にんにくを省いて調理しても構いません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◎ミックスベジタブルの朝ドライカレーマフィン

材料
合挽きミンチ 100g(牛7:豚3)
玉ねぎ 1/2個
冷凍ミックスベジタブル 100g
カッテージチーズ 適宜
生姜・にんにく 小1かけ
イングリッシュマフィン 2枚
ガラムマサラ 小さじ1/2
カレー粉 小さじ1

★調味料用材料
水 150㏄
ケチャップ 大さじ1
トマトピューレ 大さじ1
カレー粉 大さじ1強

作り方
① ひき肉にカレー粉小さじ1をまぶし、味をなじませておく。
② フライパンにバター10gとみじん切りにした生姜・ニンニク・玉ねぎをいれたら、弱火で香りと甘味を引き出すようにじっくりと炒める。
③ サラダオイル小さじ1を②に加え、味付けをしておいたひき肉を加え炒め合わせる。
④ ★印の調味料用材料をすべて入れ出てきたアクを取り除く。
⑤ 凍ったままのミックスベジタブルをいれたら弱火~中火で15分程度煮込み、最後は強火で水分を飛ばす。
⑥ ガラムマサラを味を見ながら少しづつ加えて混ぜる。
⑦ 塩コショウで味を調える。
⑧ 1枚を2枚に割きこんがりと焼いたマフィンにカレーを乗せたらカッテージチーズをトッピングしてはさむ。
⑨ 冷蔵庫に残っているレタスやトマトなどの生野菜があれば、一緒にはさんでもOK。

ガラムマサラはメーカーによって調合されているスパイスが違いますから、いくつか試して好みのものを見つけるのも楽しいですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内藤朋子先生

フードアナリスト。特別な材料を使わず、誰でも簡単に作れるメニューを提案している。
食育、アンチエイジング料理など、「美と健康」を意識したレシピに定評あり。
ブログ『おいしい便り』も好評。食材や料理、先生のおすすめのお店などが紹介されています。
https://torinomama.exblog.jp
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とっても簡単でおしゃれな朝カレーマフィンのご紹介、内藤先生ありがとうございました。

一日の中で最も体温が下がるのは早朝です。夕方にかけて徐々に体温が上がり、その高低差は1℃以内が代謝には良いとされています。ですから、健康的な体温を目指すなら、何よりも朝の体温を上げて、一日の体温の高低差をできるだけ少なくしたいところです。

ですから、朝カレーで体温をあげるのは、ダイエットだけでなく平均体温アップのためにも良いと考えられます。また、主食となるご飯やパンは、できるだけ精製されていない玄米や雑穀米、全粒粉のパンなどを選ぶと、さらに基礎代謝が上がります。

また、朝は忙しく、ついつい早食いになってしまいますが、よくかんで食べることも体温アップにつがなります。かむ回数を増やす意識をしましょう。満腹中枢が刺激されて体脂肪を燃やす熱が生まれますから、肥満防止にもなります。ぜひ、チャレンジを!

----------------------------------------
大切な人と、いつまでも一緒にいたい―。
私たちアップワンはすべての人が健康な身体を手に入れるための活動を行っています。
その一つが「陶板浴」です。陶板浴のタイルには「善玉酵素溶液」という特殊な物質が使われており、遠赤外線よりも長い波長の「テラヘルツ波」が放射されています。
細胞の新陳代謝促進、弱った部分、傷を負った部分の組織の改善、活性酸素の除去、腸内の善玉菌を増加など、多くの効果を期待する声があります。
陶板浴を毎日30分続けることで「身体が変わる」ことを実感してください。

7日間無料体験レンタル受付ています。
☎︎0120-831-137(通話無料)までどうぞ。
体験サロンも受け付けてます。

よろしくお願いいたします。
----------------------------------------