がんと闘う家族のメルマガ 言いづらい「紹介状を書いてください」 (2020-09-08)

まだしばらくは暑い日が続きそうですが、

暦の上ではもうすぐ秋分。

二十四節気でいうと今時分は「白露」から「秋分」へ。

二十四節気を、さらに細かく分けた七十二候(しちじゅうにこう)、

という暦があるのをご存知でしょうか。

七十二候でいうと9月7日頃は「草露白(くさのつゆしろし)」。

昼間は暑さがまだまだ残っていても、

早朝に窓を開けたときなどには、あ、少し涼しいな、とふと感じられるころです。


さて、今回のテーマは「言いづらい?『紹介状を書いてください』という言葉」、です。

そんなご経験はおありでしょうか。


「紹介状」というと、患者の立場からすると、

なんとなく、「ほかの医者に診てほしい」、

暗に「あなたの診療じゃ信じきれない」って言っているみたいで、

なんだか患者側からは言い出しづらいイメージがつきまといますよね。


紹介状というのは、専門用語としては「診療情報提供書」。


紹介状の中身は、その患者の個人情報(氏名、生年月日、住所など)をはじめ、

主な症状や疑われる病名とその治療経過、投薬内容などが書かれています。

がんの場合であれば画像検査結果のDVDなども含まれます。


一般的に、紹介状を書いてもらうメリットは、病状や治療経過が伝わること。

発行手数料はかかりますが、紹介状を持たずに別の病院へ行くと、

2016年からは選定療養費を支払うことが義務付けられていますので、

紹介状なしで受診するよりも全体の費用は抑えられる上、

同じ検査を重複して受けることになったり、診に時間がかかったりといったムダも防げます。


『飛び出せ! 青春』というドラマの主演や、『食いしん坊!万才』という

料理番組のレポーターで有名な、村野武則さんという俳優さんをご存知でしょうか。


村野さんは、5年前のある日、首筋の突起物に手が触れて、

「あれ? 変だな」、と思ったのをきっかけに、

かかりつけ医に大病院での精密検査を勧められ、

紹介状を受け取り、大病院へ行って精密検査をしたといいます。

そこで首の突起物は悪性の腫瘍だと言われたものの、

治療の設備がないためほかの大病院を紹介されて、

そこでとうとう、中咽頭がんのステージⅣaだと告げられた……。

何度も紹介状を手に次の病院……と渡り歩いた村野さん。

がん宣告のあと、今後の説明や副作用についての説明、

そして入院の手続きへ……とレールに乗せられるように進んでいったとき、

奥さんが必死になって探してくれた「陽子線の治療をしてくれる病院に行きたいから

紹介状を書いてほしい」というのをためらったといいます。

--
もちろん、その時のお医者さんは快く紹介状を書いてくれたとのことですが、

村野さんは当時のことを振り返って、

「担当医に悪いからと思って、ほかの病院への紹介状を

書いてもらうのをためらうことはない」とおっしゃっています。


もちろん、紹介状を書いてもらって行った先で、

同じ診断をされることもありますが、だとしても病気や治療への理解が深まり、

より自分の納得につながることも少なくありません。


ほかの誰の命でもない自分の命ですから、

自分の納得のいく治療を受けたい。選びたい。

それが、自分の納得のいく「生き方」になるのだと思います。

---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---■---
* 編集後記  *

「免疫力アップにはこれ!」という話題はよく聞きますよね。

発酵食品を食べなさいとか、睡眠の質を上げるとか、

適度な運動をするとか。

でもそういわれてもなかなか効果的に実行に移せない……と

思いますよね。

そこで、免疫力が「下がる」のはあなたのこんな生活習慣!

という反対側からのアプローチはいかがでしょう。

さあ、いきますよ。

「都市に住んでいて」、

「運動不足気味で」、

「野菜をあまり食べず」、

「わりと早食い」。

どうでしょうか。この4つ当てはまりますか?

さらに、

「パソコンに向かってずっと仕事をしており」、

「抗菌グッズをよく使い」、

「平熱は36.5度以下」。

さてどうでしょう。

全部に当てはまる人も少なくないのでは?

これら7つがそろったあなたは、たとえ今は何かの病気でなくとも、

自律神経は乱れ、免疫力はダダ下がり、になってしまっている状態。

だけど、ちょっと気をつければ誰でもかんたんに、

自分で改善できる7つです。


ストレスの多い都市で生活しているのが変えられないのなら、

たまには緑の多い公園を散歩し、

野菜多めのメニューを選んでよく噛んでゆっくり食事をし、

エスカレーターではなく階段を使い、

休憩タイムにはスマホ凝視ではなく、

背中や体側を伸ばしてストレッチ……。


そんな「悪習慣置き換え法」で免疫力アップ。

ぜひぜひ、心がけてみてください。