陶板浴をレンタルして健康の維持に役立てるなら…埼玉から全国発送する【UP1】へ~低体温と高血圧の関係性~

陶板浴をレンタルするなら埼玉から全国発送する【UP1】へ

陶板浴をレンタルするなら埼玉から全国発送する【UP1】へ

どこにでも設置できる陶板浴をレンタルするなら、ニーズに応じて数種類の中から選べる【UP1】をご利用ください。施設に通わずに自宅で毎日温浴したいという方や、ペットを含む家族の健康維持に役立てたい方、サロンなどに設置してお客様に喜んで欲しいとお考えの方におすすめです。

持ち運びができるタイプもあるため、お好みでご利用ください。東京や埼玉はもちろん、北海道から沖縄まで7日間無料でお試しいただけます。ご希望のお客様はサイト内の申込みフォームよりお問い合わせください。

低体温と高血圧の関係性について

低体温と高血圧の関係性について

低体温と高血圧は、一見するとあまり関係ないように思えます。しかし、近年では女性や高齢者の方を中心に、低体温でも高血圧の方が増加傾向にあるようです。厚着をしても手足の末端が冷える低体温の身体は、熱の配分を生命維持に重要な臓器に回しているために起こります。

そして冷えた血液を最低限しか心臓へ戻さないために血流が滞り、血行障害に繋がってさらに身体を冷やすという悪循環が起きているのです。低体温の方が高血圧になることの何が怖いかというと、静脈にかかる負荷が大きくなり、動脈硬化や脳卒中に繋がりやすい点です。

体温が低いと血液中の脂質が冷えて固まり、高血圧へと進行する負のループに陥ってしまうため、低体温と高血圧の組み合わせは非常に危険視されています。これらの対策としては、身体を冷やす人工的に精製された塩や砂糖を避け、天然のものを選んだり、適度な水分と血液をスムーズにする食材を積極的に摂ったりすることが大切です。

また、血圧コントロールのために有酸素運動を意識して行うといいでしょう。息切れするほど激しい運動や、無酸素運動は逆効果になるおそれもあるため、注意が必要です。

陶板浴を健康の維持に役立てるなら

陶板浴を健康の維持に役立てたい方は、どうぞ【UP1】までお問い合わせください。冬だけでなく、夏場もエアコンで身体が冷えている、重ね着しても末端が冷たい…そう悩む方も少なくないでしょう。

どこにでも設置できる陶板浴は、製品の上に横になるだけと使い方が簡単なため、毎日苦なく続けられる健康法です。ミニタイプは足の裏やお尻の下、ソファーに立てかけて背中を温めて使います。ぜひ7日間レンタルしていただき、その使い心地をお確かめください。

どこでも設置できる陶板浴をお探しなら【UP1】

名称 株式会社 アップワン
所在地 〒341-0038 埼玉県三郷市中央3丁目21−1
電話番号 0120-831-137
FAX 048-969-4743
メールアドレス info@taion37.com
URL https://www.taion37.com
説明 どこにでも設置できる陶板浴。ベッドタイプ・分割タイプの陶板浴を7日無料貸出しております。健康の向上を目指す方におすすめです。サロンなどに通わず、自宅で使用できる陶板浴を体験してみませんか。

体験談は、すべて個人の感想です。 効果などを保証するものではありません。
陶板浴アップワンは医療器具ではありません。 また、医療行為を目的にするものではありません。
 
c2015. taion37.com. All Rights Reserved.