陶板浴を体験する際の服装・メイク・注意点

ご自宅はもちろん、会社の休憩室にも置ける陶板浴は、難しい使い方は一切ありません。小さいお子様からご年配の方、妊婦の方、ペットに至るまで、どなたでもご利用いただけます。こちらでは、体感時の心地良さをアップさせるポイントや、体験する際の注意点などをご紹介します。

陶板浴での服装・メイクは?

リラックスできる服装がおすすめ

陶板浴を置いている施設では、施設ごとに着替えが必要だったり、タオル持参だったりとルールが決まっている場合が多いですが、どこにでも設置できる陶板浴を体験する際は難しく考えなくても大丈夫です。

ただ、事前に着替える必要はないものの、仰向けやうつ伏せの状態になりますので、締め付けのない服装がおすすめです。下着はつけたままでも良いですし、リラックスしたい方は外しても構いません。洋服は汗を吸う素材ですと、より気持ちの良い温浴を楽しめます。

汗が気になる方はメイクなしで

陶板浴の目的は発汗ではないので、メイクをしたままでも十分に良さを体感していただけます。ただ、30分ほど体験する予定という場合は、汗でメイクが落ちてしまうことも考えられます。気になる方はすっぴんで陶板浴を体験してください。

体験前には念入りな水分補給を!

体験前には念入りな水分補給を!

体験前と後には、たっぷりと水分を補給してください。できれば陶板浴中もこまめな水分補給が望ましいです。喉が渇いていなくても意識して飲むことで脱水症状を防げます。汗が出ていない場合であっても、汗の粒子が小さくて見えないだけで、意外と発汗していることもあるからです。

陶板浴後に気をつけたいこと

陶板浴後に気をつけたいこと

2度目は2時間あける

体感時間は長ければ良いというものではありません。初めての方は15分を目安にしていただき、慣れている方でも30分程度にしましょう。2回体感する際には、約2時間あけるようにします。その日の体調も考慮しつつ、なるべく推奨時間を守ってください。

リラックスした状態を保つ

陶板浴後、身体のだるさを感じた場合はしばらくお休みください。次に利用する場合は、時間を少し短くして様子を見ましょう。陶板浴はリラックスした状態で利用することが大切です。陶板浴後も、なるべくその状態を保つようにしてください。飲酒や身体を急激に冷やす行動などは避けましょう。