なぜ身体が冷える?

身体は様々な原因で冷えてしまいます。冷えた身体はお風呂や陶板浴で温めることができますが、まずは冷える原因を知っておくことが大切です。

身体が冷える原因とは?

身体が冷える原因とは?

空調による冷え

暑い夏は冷房のきいた部屋で過ごすことが多く、身体が冷えやすい状態です。また、冬は暖房による寒暖差で自律神経が乱れやすいです。自力で体温調節ができずに冷えてしまうことがあります。

冷たい食品の摂取

冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎて、身体が冷える方も多いようです。特に飲み物の大量摂取は、余分な水分が体内に溜まり代謝を下げてしまいます。なるべく火の通った温かい食事を選んだり、常温やホットのドリンクを適量飲んだり、身体を温める工夫をしましょう。

筋肉量の低下

運動不足は筋肉量を低下させてしまいます。体温を維持する熱は筋肉で作られるため、その量が減ると必然的に体温も低くなるのです。特に、下半身の運動不足は身体の冷えに直結するため、ウォーキングなどを意識して行いましょう。

湯船につからない

シャワーだけで済ませる方は、身体が冷えやすい状態だと言えます。毎日湯船につかると、体温が上がりやすく、身体にかかる水圧と浮力の相乗効果も得られます。

冷えからくる様々な身体の不調

免疫力の低下

体温が1℃下がると、免疫を司る白血球の働きも30%以上落ちてしまいます。加えて、免疫力に関係する腸の働きも低下するのです。身体の冷えはアレルギーなどの様々な不調の原因とも言えます。

老化現象

冷えは血流を滞らせ、代謝にも悪影響を及ぼします。すると抜け毛や白髪、肌荒れ、乾燥、シワといった老化現象が起きやすくなります。

肥満

冷えによる代謝の低下は、脂肪を分解する働きを鈍らせるため太りやすく、痩せにくくなります。

様々なトラブル

他にも、冷えは肩こりや腰痛、月経痛、頭痛、倦怠感、ドライアイ、疲れ目など、全身の不調につながっています。

運動・ストレッチをして冷えに負けない身体づくりを!

運動・ストレッチをして冷えに負けない身体づくりを!

上記でご紹介したように、生活環境や日頃の行動など、様々な要因で身体は冷えてしまいます。生活環境を変えることは難しいですが、日常生活に運動を取り入れることで冷えにくい身体をつくることは可能です。最初は短い時間でも良いので、空いている時間を使って運動することをおすすめします。すぐに始められる運動として、ウォーキングとスクワットがあります。

ウォーキング

身体の筋肉は7割が下半身にあるため、まずは毎日のウォーキングを意識しましょう。特に朝の30分ウォーキングがおすすめです。一番体温の低い朝に歩くことで、一日を通して体温を維持しやすくなります。通勤時に一駅分歩いたり、ペットの散歩ついでに長く歩いたり、15分のウォーキングを2回に分けたりと、続けやすい方法で行ってみてください。

スクワット

スクワットは太ももとふくらはぎ、腰の筋肉をまとめて鍛えることができます。スキマ時間にいつ行っても構いませんが、入浴後に行うとさらに体温が上がりやすくなります。